川越高校進学 Cくんの保護者様

○○(編注:生徒の名前につき伏せています)が2年生の時の2学期から塾を探し始めました。たくさん塾がある中でどこに行っていいかわからず、とりあえずよく名前を聞く塾の見学に行きました。そこでは一年生の時の内申を見てもらい、志望校を伝えると「この内申では無理です」と言われてしまいました。

○○はうちでは一番上なので、まだ受験のことがよくわからず、そんなものなのかなぁと思いました。ただ納得はいかなかったので他の塾を探そうと思ったときに、愛夢舎はいいよとうわさを聞いて早速話を聞きに行くことにしました。

最初に行った塾と同じように塾長先生に内申を見てもらい、志望校の話をしました。そうしたら前回とは違い、塾長先生は「大丈夫です。県立は当日点取れれば大丈夫です!」と言って頂きました。
授業の体験をさせて頂き、子供もこちらの塾をとても気に入りましたのでお世話になることにしました。

2年生の時から3年生の夏休みあたりまでは所沢北高校を目標に頑張っていました。3年生の夏休みは朝から塾に行き、講習を受け、講習が終わっても夜の10時まで塾で勉強をするということをやっていました。夏休みはほとんど毎日、朝から晩まで勉強していたように思います。本当に頑張っていたのでそれが結果として出るといいなぁ…と思っていました。それで本人も少し自信がついたと思います。

2学期に入り、あちこちの文化祭に行くようになりました。志望校であったところ所沢北高校、友達の付き添いで言った川越高校などなど。そこで彼は川越高校の生徒の方々や学校の雰囲気を気に入り、どうしても川越高校に入りたいと言うようになり、志望校を川越高校に変更しました。
志望校を川越高校に変えてからは、勉強をやるようになりました。塾にも毎日通っていたと思います。頑張ってはいましたが、2学期後半の北辰、塾内テストで思ったような結果が出ず、本人も悩んでいたのではないかと思います。私は川越高校はちょっと難しいかなと思っていましたが、私立に錦城高校を志望しており、学校見学に行き、とても良い学校だったので県立がダメだったとしても錦城高校ならばと思い、第1志望は川越高校のままでいくことにしました。そして何よりも子供が頑張っていましたし、絶対に川越高校に行きたいという強い気持ちがありましたので、後悔しないためにも川越高校を受けさせてあげなければいけないと思っていました。でも願書提出前に田中先生から電話を頂き、川高50%、所北100%というのを聞いて、本音を言うと所北でも十分なのになぁと思っていました。

試験当日すごく心配していましたが、帰ってきた時は思っていたよりも出来たと思っていたようでした。自己採点はしないつもりでしたが、周りの友達が採点をしだし数学がヤバいという情報が入ってくると、本人も気になり始め、自己採点を始めました。自己採点を終えると浮かない顔をしていて点数を聞いたらちょっと無理かなと思うような点数だったので、○○も私も結果発表の日まではほとんど諦めていました。

発表当日まで受かることを願ってはいましたが、きっとダメなんだろうと思っていました。○○から電話がかかってきて受かったと聞いた時は本当にうれしくて、何より○○の努力が実ったことがうれしかったです。

このような結果を導いてくださった愛夢舎の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。あの時愛夢舎に入って、先生方に出会えて本当に良かったです
ありがとうございました。

受かったばかりで言うのもですが、ここからがまたスタートなので高校3年間やることをしっかりとやっていき、悔いの残らないようにしてもらいたいです。